ライセンス料が必要になるGoogle Map

普段何気なく利用しているGoogleMapは非常に便利で、様々なウェブページで利用されています。APIを活用しカスタマイズを行ってあるGoogleMapは少なくなく、閲覧者に対して様々な情報を提供できる環境です。
しかし、勘違いしていけないことがあります。それはGoogleMapは特定の条件下においてライセンスの購入が必要になることです。


無料で使えるんじゃないのと思う人が大半だと思われますが、APIが組み込まれたGoogleMapの場合、1日の読み込みが25000回を超え、さらにそれが連続して90日を超えた時、Googleよりライセンスの購入を求められます。


従量制であるため、読み込み数に応じて支払うことになり、詳しい料金体系およびその他の条件については専用のウェブページで確認です。

Google Mapのライセンスに関する情報収集をサポートします。

もし、運営しているウェブページにGoogleMapが使われ、アクセス数が多い場合はライセンス料が発生する場合があるので注意が必要です。



なお、ライセンスを購入しなくても一定期間使うことは可能ですが、徐々にAPIが使えなくなる制限がかかってきます。

非常に不便なかたちになりますので、問題がないのであれば購入してしまったほうがお得ではあります。


あれだけ情報量の多い地図を無料で使えるのは非常にありがたいことです。ですが、使い方によって料金が発生することを覚えておかないと、一気に不便になる可能性があるので注意しておきましょう。