ライセンスが必要になるGoogle Map

店舗の場所や会社の所在地を閲覧者に知らせるために、ブログやホームページではGoogleが提供するGoogleMapを利用することが多いです。

目的地の情報だけでなく、周辺の目印となる店舗の情報や交差点の情報など、あらゆる情報を伝えられる素晴らしい地図なのですが、特定の条件で有料ライセンス料が必要になることはご存知でしょうか。

寝耳に水だと思う人は結構いると思われますが、1日のGoogleMapへのアクセス数が25000回および90日継続すると、Googleよりライセンスの購入を求められます。

Google Mapのライセンス情報の豊富さで有名なサイトです。

気になる料金についてですが、これは従量制となりアクセス数によって大きく異なります。



個人が運営するようなブログやホームページであれば、有料ライセンスの心配はほとんどありません。


しかし、企業が運営するホームページやブログではライセンスのことまで考える必要があるのです。
詳しい料金体系やアクセス数について知りたいのであれば、専用のウェブページを閲覧するのが一番です。
また、それと同時に運営しているホームページやブログのアクセス数についても調べておくと良いでしょう。こちらは無料で調べられるようになっていて、しかもリアルタイムで把握可能です。



便利に使えるGoogleMapでありますが、使い方によって有料になるケースがあることは覚えておいた方がトラブルにならずに済みます。

対策方法もたくさんあるので、まずは確認してみては如何でしょうか。